冬の遊び方+過ごし方/モデルコース

 2018年(冬) 

 冬のグリンデルワルトでの遊び方+過ごし方をお教えしましょう。
 冬のグリンデルワルトは、スキー場でもありますが、世界的な観光地でも有ります。 
 ですから、スキーをされない方でも十分に楽しんで頂けるところです。

当地のスキー場は、2017年12月中旬頃から オープンする予定です。



 弊社にご予約頂きますと、SOS緊急連絡先 サービス (無料)をご利用頂けます。 

お知らせ
弊社カウンターにて、スキーパスを即時発券できます。
駅と同じもの、同じ料金で。しかも 日本語で購入できます!!
(但し、弊社の営業時間内に限ります)


また、スキーパスの予約販売も行なっております。
 あらかじめご予約頂ければ、弊社カウンターにてお渡し出来ます。 

「スキーパスの予約画面」

弊社のカウンターにお越し頂ければ、
 レンタルスキー基本料金の10%割り引きの用紙を差し上げます。 
 
(但し、グリンデルワルト村内の 弊社が指定したスポーツ店のみに限ります) 
 

7泊8日の場合(ノン・スキーヤーの場合)
日にち

内 容

備 考
1日目 チューリッヒ空港(または、各地から) → グリンデルワルト
*車で 2時間00分/電車で3時間00分の距離にあります。
*
2日目

フィルスト半日観光           
グリンデルワルト → フィルスト
*展望レストランにて休憩/或いは、昼食も取れます。
フィルスト → シュレックフェルド
*下りは、そりで滑る事も可能ですし、さらにボルトやグリンデルワルト
 まで滑り降りることも可能です。

 到着翌日です。朝はちょっとゆっくりめに出発。

 6人乗りのゴンドラで20分/随時出ています。
 雪道ですが、ハイキング・コースがあり約30分。
3日目

クライネ・シャイデック+ユングフラウヨッホ1日観光
グリンデルワルト → クライネ・シャイデック 
*ここでは、電車の乗換えとなりますが、ここで景色を見ながら時間を
 過ごす事も可能です。

クライネ・シャイデック → ユングフラウヨッホ
*世界的に有名な観光地で、ユネスコの世界自然遺産に指定された
 アレッチ氷河を見ます。

*ヨーロッパで最も標高の高い駅ユングフラウヨッホには、レストラン、
 売店、映画室などがありますし、食事なども出来ます。

ユングフラウヨッホ → クライネ・シャイデック
クライネ・シャイデック → アルピグレン
*ここから、ウィンター・ハイキングでブランデックまで約30分。
 そりで滑ることも可能ですし、さらにグルントまでハイキング、または、

 そりで滑り降りることも可能です。
ブランデック → グリンデルワルト

 天気が悪い場合は、他の日に振り替えます。
 登山電車で40分/30分毎にあります。


 登山電車で50分/1時間に1本あります。




 登山電車で50分/1時間に1本あります。
 登山電車で25分/30分に1本あります。



 登山電車で15分/30分毎にあります。
4日目

メンリッヒェン+ヴェンゲン方面の1日観光
グリンデルワルト → グルント
*ここで、ヨーロッパ最長4人乗りのゴンドラに乗換えとなります。
グルント → メンリッヒェン
*展望レストランにて休憩/或いは、昼食も取れます。
メンリッヒェン → ヴェンゲン   
*村の中を散策したり、休憩したりできます。
メンリッヒェンからクライネ・シャイデックへ向かう、ウィンター
 ハイキング・コースもあります。

ヴェンゲン → クライネ・シャイデック
クライネ・シャイデック → グリンデルワルト
*または、3日目と同じように、アルピグレンからハイキングや、そりでも
 遊べます。


 巡回バスで10分/20分に1本あります。

 4人乗りのゴンドラで30分/随時出ています。


 100人乗りの大型ロープウェイで5分/
 15分毎にあります。



 登山電車で25分/30分に1本あります。
 登山電車で40分/30分に1本あります。
5日目

ミューレン+シルトホルン方面の1日観光
グリンデルワルト → ミューレン   (2つの行き方があります)
*1つは、電車とバスを乗り継いで行く方法

  (合計で、約1時間15分。乗換え回数は3回あります)
*2つ目は、タクシーを利用する方法
 (ホテル前からタクシーを使い約45分。乗換え回数は1回のみ)

ミューレン → シルトホルン
*回転展望レストランでは、雄大な景色を見ながら食事が出来ますし、
 007のハイライトシーンが見れる映写室もあります。

シルトホルン → ミューレン    
*ミューレンは、車の入れない小さな村です。散策を楽しみましょう。
 または、ケーブルカーで、アルメントフーベルの展望台に上がっても
 良いでしょう。アルプスの景色が雄大に見えます。

ミューレン → グリンデルワルト   (2つの行き方があります)
1つは、ラウターブルンネン〜ツヴァイリュッチーネン経由で行く方法
 (合計で、約1時間10分。乗換え回数は2回ありますが早く帰れます)
2つ目は、ラウターブルンネン〜クライネ・シャイデック経由で行く方法
 (合計で、約2時間30分。乗換え回数は2回ありますが景色は良いです)



 ロープウェイを1回乗り継いで17分/
 30分毎に出ています。



 ロープウェイを1回乗り継いで17分/
 30分毎に出ています。




6日目 インターラーケン+ベルン方面の1日観光 
グリンデルワルト → インターラーケン・オスト
*インターラーケン・オスト駅からヴェスト駅間に、メインストリート
 が走っています。この区間を散策しながらのんびりと歩けば、
 約50分ほど。ヴェスト駅から次の電車に乗りましょう。

インターラーケン・ヴェスト → ベルン
*ユネスコの世界遺産に指定されたスイスの首都です。徒歩での観光でも
 2時間もあれば十分ですが、様々な博物館などがありますので、
 じっくりと楽しむ事も出来ます。

ベルン → グリンデルワルト
 天気の悪い日に行ってもいいですね。
 登山電車で35分/1時間に1本あります。




 スイス国鉄で50分/1時間に1本あります。


 スイス国鉄+登山電車で1時間45分/1時間に
 1本あります。
7日目

帰国準備の為の1日
*買い忘れたお土産物を買ったり、体調を整えたり、気に入った場所に
 もう一度行ったりしてみては、如何でしょうか?


まだまだ、あちこち見てみたい! という方には……
ルッツェルンへの日帰り観光 (約8時間コース)
ツェルマットへの日帰り観光 (約8〜10時間コース)
ローザンヌへの日帰り観光  (約8〜10時間コース)

もっと、そり遊びをしたい! という方には……
郵便バスで上がるブスアルプからのそり専用コース
 (8kmのダウンヒル)

フィルストからハイキングで上がるファウルホルンからのそり専用コース
 (14kmのダウンヒル)

*
8日目

グリンデルワルト → チューリッヒ空港(または、各地へ)
*車で 2時間00分/電車で3時間00分の距離に有ります。
その他の場所へ
ベルンへ    : 約1時間30分(電車) / 約1時間(車)
ローザンヌへ  : 約2時間50分(電車) / 約2時間(車)
ジュネーヴへ  : 約3時間30分(電車) / 約3時間(車)
ツェルマットへ : 約3時間20分(電車) / 約2時間(車)
バーゼルへ   : 約2時間35分(電車) / 約2時間(車)

*

これは、あくまでも1つのアイデア・コースです。
ですから、行き先を変えたり、内容を変えたり、日程を変えたり、、、、、は、あくまでも自由です。

 *ノン・スキーヤーのために、「ハイキング・そり・パス」が用意されています。         (単位は、スイスフラン) 
日にち/金額 2日間用 3日間用 4日間用 5日間用 6日間用 7日間用
 大人(16歳以上) 111.00

163.00

198.00 227.00 251.00 274.00
 子供(6歳〜15歳)

 56.00

 81.00  99.00 113.00 126.00 137.00
1フラン=約115円(2017年11月現在) 
*
このパス1枚で、次の乗り物に期間中の「乗り降りが自由」となります。

BOB全線

インターラーケン・オスト⇔ラウターブルンネン+グリンデルワルト

WAB全線

グリンデルワルト+ラウターブルンネン⇔クライネ・シャイデック

JBの一部

クライネ・シャイデック⇔アイガーグレッチャー
(アイガーグレッチャー⇔ユングフラウヨッホ間は、50%の割引き切符が買えます)

メンリッヒェン・バーンの全線

グリンデルワルト・グルント⇔メンリッヒェン

ヴェンゲン・メンリッヒェンバーン

ヴェンゲン⇔メンリッヒェン

フィルスト・バーンの全線

グリンデルワルト⇔フィルスト

グリンデルワルト・バスの一部

グリンデルワルト⇔ブスアルプ

その他の路線

ラウターブルンネン⇔シュテッヘルベルグ/ミューレン
ラウターブルンネン⇔グリュッチアルプ/ミューレン
ミューレン⇔アルメントフーベル
(ミューレン⇔シルトホルン間は、50%の割引き切符が買えます)


 弊社にご予約頂きますと、SOS緊急連絡先 サービス (無料)をご利用頂けます。 

ご予約