スタッフからの「ひとこと」

お知らせ
この「スタッフからのひとこと」の
内容は、2006年01月当時の内容ですので、
今現在とは異なる内容もあります。
あらかじめ、ご承知置きください。

弊社「グリンデルワルト日本語観光案内所」スタッフからの、
「ひとこと」 メッセージです。

新年明けましておめでとうございます。
どうか、本年も『おやじのつぶやき』同様、このページもご覧頂けます様に
お願い申し上げます。


さて、皆様はどのような新年を迎えられたのでしょうか。
グリンデルワルトでは、年が明けてから多くのスキーヤーやスノーボーダー
だけでなく、
ウィンターハイキングや観光客の方々も多くお見えになられて
います。


年が明けてからは好天が続いており、うらやましがられるかもしれませんが、
毎日
アイガーがくっきりとグリンデルワルトから見えています。
1月に入り、グリンデルワルトにも多くの家族連れの姿も多く見られるように
なりました。


天候の統計を見ますと、最も晴天率が高いと言われているのが、冬の時期なのです。
白い雪に覆われたアイガーやヴェッターホルンは、夏よりも雄大に迫力があり、グリンデルワルト
の村に迫ってくるように見えます。
これは、人間の眼が様々な色のコントラストにより、そのように見えるためだそうです。


今年は、昨年の11月〜12月にかけて積雪の量が多かったので、例年にも増してきれいな山を
魅せてくれます。
ある方がおっしゃっておられていました。
『グリンデルワルトは、スイス旅行をする人達にとっての聖地である。
その聖地に滞在したければ、他を削ってでもグリンデルワルトに滞在する時間を作る方が、
人生にとっても有意義である』


雪景色の山をご覧になられた方がおっしゃられた言葉です。
夏に滞在された方々からは、
そのような文言を聞いた事がないのですが、雪山をご覧になられた
方には、
そのように見える感動があるのでしょうね。

この雪山は、例年ですと4月下旬から5月上旬までグリンデルワルトにお越し頂ければ、ご覧
頂く事が出来ますから、是非お越し頂きたいです。


また、この夏に当地を訪れる事を考えておられる方も一日でも長くこの『聖地』に滞在滞出来る
ような日程を考えてみては、いかがでしょうか。

もう、夏のプログラム等もホームページ上で料金と共に発表していますので、
参考にして
予約等のご依頼をお待ちしております。


このページをご覧頂いた方々皆様にとってより良い一年になりますように。
当地にて皆様とお会い出来る事を楽しみにしております。

グリンデルワルト日本語観光案内所
上西 洋一

表紙に戻る 2006年02月のひとこと
2005年12月のひとこと ひとことの表紙