スタッフからの「ひとこと」

お知らせ
この「スタッフからのひとこと」の内容は、
 2006年12月当時の内容ですので、今現在とは異なる内容もあります。 
あらかじめ、ご承知置きください。

弊社「グリンデルワルト日本語観光案内所」スタッフからの、
「ひとこと」 メッセージです。

いよいよ1年の終わりも近づいてきました。
冬休みのご予定はもうお決まりですか。

スイスは寒いから。。。なんて敬遠される方も多いですが、
ちょっと待って下さい。


グリンデルワルトは皆さんが想像するより“暖かい”所ですよ。


アルプス山中とは言っても、ここは豪雪地帯ではなく、スキーが出来る程度にしか雪は積もりません。
標高2000
付近のスキー場で2m前後の雪ですので、麓の村では、
多くても膝くらいまでの雪。
でも道はすぐに雪かきで整備されますので、ズボズボと歩くこともなく、せいぜい凍った部分に注意して
歩くくらいです。


気温はスキー場ではマイナスです(陽射しで暖かいと半袖になる人もいます)が、村では日中で0度前後、
建物の中は暖房が効いて暖かいです。


スキーはしないからと言う方には、ユングフラウヨッホなど各展望台に上がっての観光や、ハイキング
(整備された雪の上を歩きます)もできますし、あるいはソリ遊びも童心に
帰れて楽しいですよ。

それに、冬と言えば鍋料理。。。
チーズ・フォンデュはいかがですか。
白ワインが入っているので、体の心までポッカポカ。みんなでワイワイ言いながら、つつきましょう。


他に冬の名物としては、グリューワインというお酒があります。
いわゆるホットワイン
ですが、温かい赤ワインにシナモンやレモンなどの果実エキスを入れたもので、
クリスマス市の屋台など寒い空の下で、白い息を吐きながら飲むのが一番味わい深いです。
レストラン、バーでも飲むことができます。


なお、日程を組む時に気をつけて頂きたいのは、冬のスキーリゾート地では、ホテルにミニマムステイ
という規定があって、だいたい7
泊以上が基本となっています。
ホテルによっては4泊くらいでもOK
という所もありますが、冬は夏よりもハイシーズンですので、
料金
も高めになること、ご承知おき下さい。


今はうっすら雪化粧の山々ですが、12月中旬くらいからグリンデルワルトは活気を取り戻し、本格的な
冬のシーズンへと入っていきます。
夏の緑多い景色も綺麗ですが、冬の
広大な雪景色も美しいと思います。

弊社では、ホテルなどの予約だけではなく、様々な
冬のアクティビティもご案内しております。
是非グリンデルワルトにお越し下さい。


グリンデルワルト日本語観光案内所
大黒 啓子

表紙に戻る 2007年01月のひとこと
2006年11月のひとこと ひとことの表紙