スタッフからの「ひとこと」

お知らせ
この「スタッフからのひとこと」の内容は、
 2007年04月当時の内容ですので、今現在とは異なる内容もあります。 
あらかじめ、ご承知置きください。

弊社「グリンデルワルト日本語観光案内所」スタッフからの、
「ひとこと」 メッセージです。

 日本はもう桜が満開の季節でしょうか。
 こちらは例年より暖かいとは言え、山上はまだ
雪景色です。
 スキーシーズンが
月上旬までなので、それまでは今年最後の雪を楽しもうと、
 スキー客で賑わいます。
 その後はオフシーズンとなり、乗り物もホテル、レストランも“体を休める”ため、
 多くがクローズします。
 春の陽気に誘われていらっしゃる観光客の方も、ひっそりとしたグリンデルワルトの
 たたずまいに驚かれることでしょう。
 本格的な夏、ハイキングが十分できるのはまだまだ先ですが、今年はどうでしょうか。。 


 さて、今月は、こんな時期にお勧めの、また、時間があまりない方にお勧めの散歩コースをご紹介します。
 グリンデルワルトのメインストリートと平行に、高台に
Terrassenweg
(テラッセンヴェーク)という道があります。
 平坦なアスファルト道ですが、眺めが良い上に、いくつかのショートカットがあるので、時間調整も可能です。
 メインストリート
からずっと続いて1周できますが、全部歩くと2時間くらいかかります。

 まず、アイガーを背に右へ、駅から村の中心に向かって歩きましょう。
 メインストリート
には、多くのホテルやレストラン、お土産店が並んでいます。
 15分程で、右手に教会が
見えてきて、ウンタラー氷河も目の前です。この辺りから村はずれですが、静かでのど
 かな雰囲気を楽しみながら、更に道なりに坂を上がって行きます。
 Hotel Lauberhorn
越えてしばらく行くと、道が二手に分かれています。
 右に行くと、オーバラー氷河及び
グローセシャイデック方面ですが、ここでは左に進んで行きましょう。
 この左の道が
テラッセンヴェークです(標識も出ています)。

 20分少々歩くと、フィルスト行きのゴンドラが頭上を通っているのが見えます。
 この辺りは、見晴らしの良い、広々とした草地になっていて、絶好の写真スポットです。
 アイガー〜ヴェッターホルンまで見渡せます。

 牛の放牧が見られることもありますし、夏はパラグライダーの着地点にもなっています。
 時間がない方は、ここから左下に下って行くと、村のメインストリートに戻れます。
 余裕のある方は、更にまっすぐのんびり歩いて頂いて、やがて林の中に入り、下り坂が始まります。
 ここまで来ると、アイガーの北壁が近づいてきたような錯覚を覚えることでしょう。
 ユースホステルを越えてしばらく下ると、三叉路にぶつかります。
 ここを左に曲がると、また住宅が増えてきて、15分程で駅に戻って来ます。

 もちろん、逆コースを歩いても構いません。
 どちらにしても、最初は上がり坂です。また、駅前から上に、
Hotel Kreuz & Post横の道を道なりに上がって行くと、
 テラッセンヴェークの真ん中辺りに着きます。


 よろしければ、弊社の「ヴィレッジウォーク」ツアー(無料です)にご参加頂ければ、上記の一部をガイドと共に
 歩きながら、グリンデルワルトについての知識も深められ、またここに来たいと思って頂けることでしょう。

 皆様のお越しを心よりお待ちしております。


 グリンデルワルト日本語観光案内所
 大黒 啓子

表紙に戻る 2007年05月のひとこと
2007年03月のひとこと ひとことの表紙